個人のお客様

TOP / 個人のお客様 / 診療所での施術

診療所での施術

アクティブリリーステクニックは医科学的な筋肉治療法です。

マッサージとは違うのでしょうか?

マッサージなどは硬くなってしまった筋肉をリラックス(弛緩)させることが目的であり、非常に効果的ではあります。しかしマッサージではなかなか軽快しない症状もあります。それは痛みの原因を治療していないからです。

では、痛みの原因を治す治療法はあるのでしょうか?

あります。それはアクティブリリーステクニックです。アメリカ人医師によって考案された徒手治療で10年近くに及ぶ研究を経た後、南カリフォルニア大サンディエゴのメディカルセンターで政府の審査に合格し2002年に医療特許を取得しています。

写真1:治療スペース:完全プライベートですが、付き添いの方は中へどうぞ  写真2:エクササイズ スペース  写真3:治療について

左上:受付:綺麗で落ち着けるスペース
左下:診療室 個室で広い、落ち着けるスペース
右:エクササイズスペース 300Kgに耐えられるシャフトを使ったプロアスリートにも対応できるマシーン

アクティブリリースの4つ特長 (通常のカイロ/整体/接骨院との違い)

1.Patent

医療特許 があります  米国医療特許番号6491651B1

2.Quick(即効性)

平均して6回以内で明らかな効果があります。肩こり、首こりからくる頭痛では1回で症状が無くなるケースが50%くらいです。

3.RSI 用の治療

RSIとはレペティティブ ストレイン インジャリーの頭文字をとった略で研究結果によれば筋肉の慢性の怪我の70−90%はこれが原因によって引き起こされているとされています。筋肉の慢性の凝りは癌と同様に自覚症状がなくても進行し放っておくと、やがては変形性関節炎、石灰化、骨化といった症状を引き起こし手術にたよら無ければならない様になる場合も有ります。

4.Safe

ゆっくりとした動きで全て手による治療のため安全、ボキッとしません

 

アクティブリリースの治療プロセスは、こちらをご覧ください。

エーアールティーの治療プロセス

治療例

では実際にどういうものなのかを一例ですがご覧ください。

200程ある人体の筋肉に対し500以上ある治療方法の中から適応症に合わせて治療をします。例えば首や背中などの筋肉は7層にもなっているため、ただ強く押すより早く効果を得られます。トライアスロンの世界大会でもあるアイアンマンレースの公式治療法にもなっているアクティブリリースは世界中でオリンピックアスリートやメジャーの世界で頻繁に使われている治療法です。日本では現在私を含め数名の方が公式免許を持って臨床にあたっています。

1. PCワーカー用 首の治療

  1. 首の後ろ
  2. 首の横  
  3. 肩甲骨の周り

PLAY

2. PCワーカー用 腰の治療

  1. 腰の後ろ
  2. 腰の横
  3. 骨盤の前側

PLAY

3. PCワーカー用 マウスによる、手のしびれ/疲労感

  1. 前腕の内転筋群
  2. 前腕の屈筋群
  3. 神経のストレッチング

PLAY